らぶり~Friends日記

我が家のワンニャンの事いろいろ

食いしん坊な我が家のワンコ達。
「ごはん~♪ごはん~♪」と大喜び!(どんぐり除く・爆)
初めは全然ご飯を食べなくて、口に放り込んで食べさせていたササミも今は食いしん坊。
ご飯の器の「カチャッ」っていう音が聞こえただけでゲージに入っていると大騒ぎするので、用意をする間はゲージから出して私の足下にいます。
(近くにいると鳴かない)

用意が出来てご飯を配ろうと思ったら・・・キューがうずくまっていて全然動かない・・・
いつもはゲージのフチに手をかけて「早く早く~!」とジタバタ。
名前を呼んでも反応は無く、抱き上げるとぐったりしていて私の顔を見て手を舐めた。
左手に力が入っていて、耳の後ろまでグググと上げていたので脳しんとうか?
キューは泉門が大きめに開いているので暴れて転んで頭を打ってどうにかなってしまったのか?

その時すでに8時半。
獣医さんは8時までだったけど、ダメもとで電話をしてみたらやっぱり留守電。
メッセージを残し、どんぐりがお世話になっている獣医さんにも電話したけど留守電。
一回しか行った事がないけど、携帯番号を知っていた獣医さんに電話してみた。
留守電になったけど、メッセージを入れたらすぐに電話をくれた。
でも不幸な事に先生は出先で病院に帰れるのは1時間半位かかるそう。
夜間救急に走った方が早い!

前回は12時を過ぎていたので大阪市内まで行ったけど、その日は12時前だったので堺の夜間救急へ。
家からだと30分程度。
電話で予約をし、みんなにご飯をあげてから走りました。

毛布にくるんだキューはぐったりしたまま。

病院に着くと誰も患者さんがいなく、すぐに見て貰う事ができました。
キューを預け、書類に色々と書き込んでいる時に患者さんが続々とやって来て、病院の電話は鳴り続けていた。
毎日こんな感じなんだろうか。

キューの状態を聞かされないまま待合室で待つこと1時間。
やっと診察室に呼ばれた時、箱に入れられタオルでくるまれたキューを想像してしまった。
(以前、インコが入院した時助からなくて、箱に入ってタオルにまかれて帰って来た・泣)
怖々診察台の上を見たら想像していた箱は無く、その奥に置いてある半透明の衣装ケースを先生が指さした。

そこにはパラボーラ付きの元気なキューがいた!!!
足には点滴の管が付いている。
もう多分ムリだと思っていたのに(T△T)

診断の結果、全く想像をしていなかった『低血糖』。
えぇぇ!!!?もう8ヶ月やし、ご飯しっかり食べてるのに!!!???
確かにいつもより晩ご飯が30分程遅れたけど、倒れるような低血糖???

ご飯の量を確認したけど、全然少なくない・・・というか、多い!
体のどこかに異常があって、うまく栄養が体にまわらない可能性があるかもと。
そういえば、キューは全然太らないけど、コロンはどんどん太っていく(爆)

キューは処置をしてもらった後、衣装ケースの中で、ご飯をガッツリたいらげたらしい。
(食いっぷりはコロンより素晴らしいのだ!)
その後、1時間くらい点滴を受け、元気な元気なキューが帰ってきました。

良かった~~~(T▽T)(T▽T)(T▽T)

帰ってからまだご飯を食べるようでしたらあげてくださいと言われたのであげたらペロリと食べた♪
低血糖にならないように、子犬達と同じく1日3回あげる事にしました。

もうすっかり元気なキュー
100808_01.jpg

お腹パンパンで重い~(>▽<;;
後ろ足が重さに耐えられず、ちょっと滑り気味になってしまう。
これもちょっと問題やなぁ。。。


続く



ブログランキングに参加しています。応援のポチリ☆お願いします♪
 ↓ この画像をプチっとしてネ。
b_04.gif



もういっちょオマケに(シェルティブログがたくさん集まってますv)
 ↓ この画像をプチっとしてネ。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ



いつもありがとうございます♪


今回かかった費用。
参考までに~
夜間診察料     10,500
文書料       2,210
採血料       1,580
一般血液検査料   10,500
血糖(グルコース) 840
血管確保留置料   3,680
静脈点滴料     5,780
注射薬       320
注射薬       150

合計 35,560
スポンサーサイト

ブログ村から飛んできました!

キューちゃん、無事で良かったです!

ある時ぐったりというのは、かなり焦りますよね……(-_-;)

うちが前に飼ってた子(シェルティ、2ヶ月)も、ある朝突然衰弱。
子犬でまだ行ったことがある病院が1つしか無いし、早朝もやってる夜間の病院に電話かけると「頭挙げられるくらいなら9時まで待ってください」と言われて、途方にくれました(-_-;)
どうせ9時まで待つなら、といつもの病院に行きましたよ。


急いでいる時に限って、病院がやってないってよく有りますよね……。

ただ、ご飯食べても身にならないって、すごく心配ですね……。

原因が大したものではないと良いのですね。大したものではないことを祈っています!

2010.08.08 12:00 URL | える #- [ 編集 ]

もう~止めて!
そんな突然の不調は止めて!
キューちゃん、無事でよかった!
当人より、こちらの方が気を失いそう~
子どもがたくさんいると、
何やかんやあるもんだね~
先日はグミちゃんだったし・・・
それにしても、さすがひろぴさん!
迅速な対応がよかったんだと思う。
低血糖にならないようにするには
どうするの?

2010.08.08 22:40 URL | kuri #- [ 編集 ]

えるさん>
初めまして(*^▽^*)
遊びに来てくれてありがとうございます。
いきなりぐったりして、名前を呼んでも反応がないなんて、ほんとに怖すぎました(T△T)
えるさんちのシェルティちゃんも経験したのですね。
そういう時って何故か獣医さんがやってない事が多いですよねぇ(-"-;
土曜の夜とか日曜日とか夜中とか・・・
近所に24時間やってる獣医さんがあれば安心なんだけどねぇ。
(おサイフの中身は心配だけど・爆)


kuriさん>
いきなりこんな事になったら怖いですよ~!
ホイホイとピノとどんぐりも救急で診てもらったけど、毎回私フラフラ~
子犬ははしゃぎすぎると栄養が足らなくなっていきなり倒れたりするんですよ(T△T)
杏仁ははしゃぎすぎた訳ではないんですけど、体調不良で夜にご飯を全部吐き、翌朝もご飯を食べずに低血糖になった事があります。
低血糖にならないようにするには、ご飯の回数を増やすとか、あまりはしゃぎすぎないようにする事かな?

2010.08.09 17:51 URL | ひろぴ #H6hNXAII [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://lovelyfriends.blog52.fc2.com/tb.php/734-9dccb11f

*script by KT*